• HOME  >>  
  • ライティングコーディネート協会とは

ライティングコーディネート協会とは

協会について知りたい

ページの先頭へ

概要・趣旨

ゆとりある市民生活の実現に向け、照明の果たす役割は大変大きく、快適な住空間の創造は勿論のこと、景観から安全確保に配慮したものまで多岐にわたっています。しかしながら、現状では国内の社会生活・住環境において照明が十分効果的に配慮、利用されているとは言えません。これからの、ゆとりを感ずる住まいづくり、街づくりを進める上において、より快適な灯りを積極的に取り入れていくことが非常に重要な要素となってきています。そして、そこには照明についての基礎的な知識と光の導入・活用についての技能を広く一般に育くんでいく環境が必要となります。それには、照明を市民生活に、より身近なものとする為の知識・技能を持った光の演出家たる「ライティングコーディネーター」の育成と照明に関する先端技術の普及活動が不可欠です。日本ライティングコーディネート協会は以上の事業を推進するために、照明に深く携わる個人、法人、教育機関及びその趣旨に賛同される方々により平成18年6月に設立されました。

「ライティングコーディネーター」の称号は、当協会が指定する講座を受講し、その修了試験に合格した方に授与するものです。
この称号は、当協会のみにその認定と授与が経済産業省より認可されています。
当協会の認定を受けた方のみが、この称号を国内で使用することができます。

 

名称

日本ライティングコーディネート協会
英語名:JAPAN LIGHTING COORDINATE ASSOCIATION…略「JLCA」

協会の目的

合理的かつ技術的に安全な光の活用とその効果についての知識の向上と、その普及事業を通じ、広く国民生活にゆとりある快適な光空間の定着を図ることを目的とします。

事業

ライティングコーディネーター育成事業
照明の基礎及びコーディネートについての様々な実践的な知識を習得し、照明を通じて社会に貢献できる人材の育成を目的とします。また、その習得の証として協会指定の講習・講座を修了した者に「ライティングコーディネーター」の資格を認定付与します。取得の方法は、通信教育講座、短期集中講座、委託講座があります。
会員・ライティングコーディネーター認定資格者へのサポート事業
会員及びライティングコーディネーター資格取得者にタイムリーな情報を配信し、照明についての最新の情報を継続的に配信し、知識の維持向上を目的とします。 技術・市場研修事業新技術及び新製品の理解を深める場の提供を通じて会員の知識向上を図り、事例研究や会員相互の情報交換を通じて実践的な技能の向上を目的とします。
技術・市場研修事業
新技術及び新製品の理解を深める場の提供を通じて会員の知識向上を図り、事例研究や会員相互の情報交換を通じて実践的な技能の向上を目的とします。

ページの先頭へ